SAMPLE SITE



wasse
8月号





モノツクルクルカンパニー クルクル通信 vo.1

クルクル通信始めました!

令和元年5月1日、茨城県古河市、古河駅から徒歩10分程の場所にモノツクルクルカンパニーという名のシェアオフィス兼ギャラリーショップがオープンしました。アーティスト、判子作家、建築家、イラストレーター、グラフィックデザイナーの異なる業種の5人が企画・展示・販売・発信・交流というコンセプトでいろんなアイデアをカタチにしていく場所としてこれから活動していきます。
ワッセでは、今後モノツクルクルメンバーの気になる出来事や情報、活動報告などを発信していきます。今月はオープンしてからの企画展示のご紹介をさせていただきます!

モノツクルクルカンパニーのロゴ看板。
モノツクルクルカンパニーの外観。

6月15日〜31日はこけらおとし展示企画としてムトゥキカクと江連判子店による「はんこと遊ぶだるまと暮らす」を開催。2週間という長い期間でしたがたくさんの方にご来場やお祝いをいただき、期間中お花に溢れた素敵な時間を過ごす事が出来ました。

「はんこと遊ぶだるまと暮らす」の展示風景。
「はんこと遊ぶだるまと暮らす」の展示風景。
モノツクの前でのお二人。
「はんこと遊ぶだるまと暮らす」のDM。

7月は季節の旬野菜一種のみを扱う一色一菜 ムトゥ青果店として第一回はトウモロコシを販売。20日からは小春あやによる「イラストレーターのお仕事展」を開催しました。

夏休み期間中だったので小・中学生を対象としたギャラリーツアーを開催し、イラストレーターとは?フリーランスとは?という疑問が飛び交い、イラストレーターとしてのお仕事内容を覗ける貴重な展示と企画でした。

一色一菜 ムトゥ青果店は八城農園さんに採りたてのトウモロコシを200本ご用意していただきましたがお昼過ぎには完売し、大盛況で初回を終えました。
当企画では今後もいろんな農園さんをお迎えし、次回は8月11日にあらい農園さんによる「大玉トマトとミニトマト」を販売します。採れたて新鮮なトマトをぜひ食べてみてください。

一色一菜 ムトゥ青果店の看板と新鮮トウモロコシ。
八城農園の八城さんとトウモロコシ。
当日は各作家によるトウモロコシをテーマとした雑貨も販売。
当日は各作家によるトウモロコシをテーマとした雑貨も販売。
当日は各作家によるトウモロコシをテーマとした雑貨も販売。

モノツクルクルカンパニーのクルクル通信いかがでしたか?これからどうぞよろしくお願いいたします!(文・ヨコ)



こちらの記事は渡良瀬遊水池界隈で発行されている情報誌「Wasse」に毎月連載させていただいているものをそのまま掲載しております。(毎月1日発行)



  


ムトゥ青果店

ページのトップへ戻る